入れ歯治療


DENTURE

このページの目次

  1. 入れ歯治療について
  2. 入れ歯の種類と料金

入れ歯治療について

歯がなくなった場合は、その部位を補うことが必要です。
例えば奥歯を失うと、その働きを前歯で負担することになり、次は前歯が失われていきます。
そうならないためにも、奥歯でしっかり噛めるようにすることが大切です。
治療法として、ブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療があります。


入れ歯の種類と料金

金属床の入れ歯

丈夫さ
★★★★★
快適性
★★★★★
味の感じ方
★★★★
素材の特徴
金属で薄く床を作ります。変形も少なくフィット感が良い。
費用
150,000円~
選ぶポイント
丈夫な入れ歯でしっかり噛みたい。
長所
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物をおいしく食べることができる
短所
  • 費用がかかる

チタン床の入れ歯

丈夫さ
★★★★★
快適性
★★★★★
味の感じ方
★★★★★
素材の特徴
軽くて丈夫なチタンを使用して床を作ります。
費用
200,000円~
選ぶポイント
体にやさしく、軽くて丈夫な理想的な入れ歯です。
長所
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 軽い
  • フィット感が良い
  • 熱が伝わりやすく食べ物を美味しく食べることができる
短所
  • 費用がかかる

ノンクラスプ(部分床)の入れ歯

丈夫さ
★★★
快適性
★★★★
味の感じ方
★★★
素材の特徴
強硬度のプラスチックを使用し、金属を使わないでとめることができます。
費用
80,000円~
選ぶポイント
金属のバネがない。
長所
  • 金属が見えないので審美的
短所
  • 修理がしにくい
  • 長期的には再生が必要

保険レジン床の入れ歯

丈夫さ
快適性
★★
味の感じ方
素材の特徴
加熱重合レジンでプラスチックの厚みが必要となります。
費用
約5,000~10,000円(保険適応 3割時)
選ぶポイント
保険治療で見た目にはこだわらない。
長所
  • 保険適応で安価
短所
  • 保険適応の範囲内のため、自由な設計ができない