フレッシュ通信

院内で定期的に発行しているリーフレット『フレッシュ通信』を、ホームページをご覧になったみなさまにもご覧いただけるよう掲載しています。
バックナンバーも掲載しています。
様々なテーマをしぼって、みなさまに情報提供できればと思っておりますので、『フレッシュ通信』をよろしくお願いいたします。

noimage

規則正しい食生活で虫歯の予防 ~フレッシュ通信 Vol.20~

暑くなると冷たいジュースやスポーツ飲料、アイスクリームなど欲しくなる機会が増えませんか?この間食が虫歯になりやすい状態を作り出しているのはなんとなく理解できると思いますが、なぜ間食が虫歯リスクをあげるのかご存じでしょうか?規則正しい食生活、正しい間食の取り方を学び、虫歯を予防してみませんか?

noimage

食べる以外の歯の働きを知ろう ~フレッシュ通信 Vol.19~

今回のフレッシュ通信は「歯の役割」についてです。みなさんは歯の役割って何があると思いますか?もちろん食事をするために歯は必要ですよね。他にはどんな事があるでしょうか?歯の役割を知ることで、歯の大切さを改めて考えてみましょう。大切な歯を虫歯や歯周病から予防してみませんか?

noimage

よく噛んではじめる予防歯科 ~フレッシュ通信 Vol.18~

今回のフレッシュ通信は「お口の体操」についてです。食べ物を食べるときにはしっかり噛める歯が必要です。それ以外にも舌や頬、唇が協調して動き、スムーズに飲み込むには口の中の適度な潤いが欠かせません。食べるための筋肉は口腔体操で鍛えることができますし、またさまざまな病気の予防にもつながります。そんな「お口の体操」についてご紹介しています。

noimage

キシリトールと虫歯予防 ~フレッシュ通信 Vol.17~

キシリトール・・・よく耳にされると思いますが、キシリトールはあくまでも「補助的な役割」と言えます。キシリトールに関しては過大な広告も多いため、「キシリトールを摂ってさえいれば虫歯にならない」という思い込みが強くなりがちになります。なぜ、ここまでキシリトールが虫歯予防として注目を集めたのでしょうか。そこには4つの理由があります。

noimage

食べ物からはじめる予防歯科 ~フレッシュ通信 Vol.16~

歯を強くする食品栄養素とその働きを紹介しています。食品栄養素の中には歯を強くする働きをもつものがあります。歯を健康で丈夫に保つにはある栄養素を含む食品をバランス良く摂ることが大切なのです。食べ物から予防歯科を始めてみませんか?

noimage

歯の生え変わりを正しく理解しよう! ~フレッシュ通信 Vol.15~

今回は小児歯科に深く関係する歯の生え変わりについてのお話です。歯の生え変わりは年齢を追う毎に進んでいき、年齢毎に歯の状態が変わります。このため、小児歯科では年齢別に治療・予防のプログラムが変わってきます。生え変わりを理解して適切な治療・予防のプログラムを提供する大切さを、皆さまにご紹介できたらと思います。

noimage

歯磨き粉の選び方 ~フレッシュ通信 Vol.13~

歯磨き粉ってどうやって選んでいますか?「歯周病予防のため」「歯を白くしたいから」…など様々な理由があると思います。皆さまはご自身のお口の症状にあった歯磨き粉を使用できていますか?今回は目的に合わせた様々な歯磨き粉をご紹介しています。

noimage

歯周病と糖尿病の密接な関係 ~フレッシュ通信 Vol.11~

歯周病と糖尿病の密接な関係についてご紹介しています。歯周病と糖尿病の共通点は?炎症を通してつながる歯周病と糖尿病?健康なお口が糖尿病治療をサポート?糖尿病から守れるのは「未病」に対応できる歯科医院です。当院における歯周病治療、ブラッシング指導、食生活アドバイスが、糖尿病をはじめとする全身疾患の発症を未然に防ぐ、大切な第一歩となることを願います。

noimage

歯周病と妊娠予後 ~フレッシュ通信 Vol.10~

歯周病と妊娠・出産の関係性についてご紹介しています。痛みなどの自覚症状が少ないため、放置してしまいがちですが、歯周病は治療をすれば改善する病気です。定期的にメインテナンスを受けて、歯周病を治療・予防し、お口の健康と全身の健康を守りましょう。

noimage

8020運動と予防歯科 ~フレッシュ通信 Vol.8~

皆さま、厚生労働省と歯科医師会が推奨している歯の8020運動はご存知ですか?80歳で20本の歯を残しましょう、という予防歯科的な運動です。日本の現状はどうなのでしょうか。世界の他の国々と比較するとどうなのでしょうか。今後とも皆さまに予防歯科の重要性を今後ともお話ししていけたらと思います。

noimage

虫歯予防に効果的な補助清掃用具とは ~フレッシュ通信 Vol.7~

歯磨きは歯ブラシだけでしていますか?様々な歯磨きの補助清掃用具をご紹介しています。お口の中は歯を含めて形状が非常に複雑なので、歯ブラシだけでは清掃できない部分があります。とくに、歯と歯の間(歯間)や舌の上の清掃が不完全になりやすいものです。虫歯予防のために効果的な補助清掃用具を是非知ってください。

noimage

虫歯予防の天敵、プラーク(歯垢)とは ~フレッシュ通信 Vol.5~

CMでもよく聞くようになった『プラーク(歯垢)』とは何なのか。プラークの出来る仕組み、プラークができないようにするにはどうすればいいのか、普通の歯磨きではプラークの残りやすいところ、プラークに関するセルフチェック。皆さまのプラークに関する様々な疑問にお答えします。

noimage

虫歯予防にもつながるお口の中の乾燥対策 ~フレッシュ通信 Vol.4~

お口の中が乾燥すると…。歯垢がたまりやすくなる(唾液中の浄化作用や抗菌作用が失われるため)。虫歯菌や歯周病菌が増殖する。舌にねばねばした汚れ(舌こけ)がつきやすくなる。口腔内のウイルスに対する抵抗力が下がり、風邪をひきやすくなる。清涼飲料水で、口の渇きを潤そうとして、さらに虫歯ができやすくなってしまう。お口の渇きを潤す3つのキーワードをご紹介しています。

noimage

虫歯予防と歯磨きの歴史 ~フレッシュ通信 Vol.3

皆さま、歯磨きはなんのためにしていますか?一度痛い思いをした人は…もう虫歯になりたくないから。そうじゃない人は…磨かないと汚れがたまったり、口臭がしたり、気持ち悪いから。その結果、今や90%の人が朝晩2回は歯を磨いています。では、なぜ虫歯や歯周病はなくならず、逆にそれをお助けする歯科医院はどんどん増え続けるのでしょう。歯磨きと虫歯予防に関する皆さまの様々疑問にお答えします。

noimage

ホワイトニング特集 ~フレッシュ通信 Vol.2~

今回はみなさまに歯のホワイトニングがどういうものなのか、身近に感じていただけたらと思います。歯のホワイトニングとは?ホワイトニングの方法は?歯が弱くなったりしないの?当日の注意点などは?費用は?ホワイトニングに関する皆さまの様々疑問にお答えします。